測量業務の効率化!

杭ナビ・快速ナビにて測量してみました。

まず3次元設計データを作成します。

平面図、縦断図、横断図より各線形データを抽出します。

形状作図を行い、快速ナビへデータを入力します。

 

 

任意に杭ナビLN-150を設置し、既知点を2点以上測定することで

後方交会法にて器械設置を行います。

 

 

快速ナビのスマート施工の「どこでもナビ」にて

3次元設計データを作成している範囲は、

どこでも設計データと比較することができます。

 

ちょっと測量してみました。

水準測量の精度も高く、自動追尾により迅速に位置情報が得られます。

短時間で効率よく測量業務をこなせそうです。